久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

ジャークの独ルーマニアの自動人形のシリーズが3世紀間近く演繹するのは機械的で伝奇的です

18世紀の時として無数なヨーロッパの王室の貴族の合い争って収集する宝に、自動人形の意味はすでに字面の上“おもちゃ”だけではありませんでした。その体内は通常大量に精密な歯車と部品を含んで、人為的に組み立てるを通じて(通って)機械運動で人形の動作を動かします。あなたがぜんまいをきつくねじる時に、自動人形は前もって設定する一連の行為をすることができて、擬人化のが一人で悦に入って全体のシーンの対聯まで(に)動く、まるで新劇の舞台上からの1幕の大がかりな芝居はゆっくりと開いています。複雑な自動人形は甚だしきに至っては同時に多種の機械運動を行うことができて、人の偶然に首尾一貫しているつながりが良い動作なだけではなくて、中隊人偶数そばの木の枝、木の枝の上の小鳥、すべてシーンの変化について行っていっしょに活発にさせ始めることができます。人の偶数の動作も具体的にすべての細部に着くことができます:職人が1つの字を書いていた自動人の偶数を表現したい時に、“彼”は紙を敷いて、行為に応じて墨、回転の計略の等相をつけるのがいて、生き生きとしている感は思わずあなたを機械的なのが見事なことに感嘆させます。


ジャークの独ルーマニアの銅は金めっきします字を書く人の時計


表を作成する業界の発展史の上で、自動人形は全局面を左右する地位を持っています。1つの優秀な表を作成する師もよく1名のすばらしい自動人形の製造者で、機械が自動人形とのロレックスコピー運営を表して同じ流れを汲むため、ぜんまいで機械動力が発生して歯車を動かして、1歩進んで針を推進します。これらの複雑な機能が陰で1人の職人、を含んでいるのが甚だしきに至っては何代(か)の工業人の心血と知恵で、機械に表してスマートフォンのこのように普及させる今日で依然としてたくさんの人を殺到;おなじで、あれらの骨董の自動人形の伝奇的なストーリ、同じくずっと機械の愛好者達に自慢げに話されます。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 2
留言列表