久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

アークドロロの熱帯風情に鳥の三問がジュネーヴに登場する

ジャック徳羅(Jaquet Droz)自動人形シリーズ新しい力作熱帯風景時報の鳥が三問表(Tropical Bird Repeater)はじゅういち月さんじゅう日初デビューヨーロッパ。ジュネーヴで行われた展覧会は、スイスや世界各地からのメディアを引き付け、高級時計向けの盛大なパーティーをブランドとして組織した。

ジュネーヴはブランドの歴史の起点に、創始者ヘンリー-ルイ・ジャック徳羅(Henri-Louis Jaquet Droz)1784年こそはこの町を開いた自分の芸術と人文の生涯。この作品は創造力に満ちた土地で、彼と-フレデリックや雷索(Jean-Fr E d E ric Leschot)を創設した初の時計ジュネーヴ制作工房をして開業早々から自分の複雑な機能を持った時計スタジオ。とても速くて、彼らがこの座とくの都市の中で実力を大いに発揮する、新興のブルジョア階級の愛顧の対象。一方、アークドロは、地元の芸術圏と技術教育界の一重となった。

二つ世紀以降、トップブランドのジャック徳羅はジュネーヴケンピンスキー大酒店に全ヨーロッパ時計とファンたちは厳かに出しこの項熱帯風景時報の鳥が三問表。展覧会で、ジャック徳羅CEO Christian Lattmannさんがまず挨拶、あとで浮き彫りにブランド非凡タブ芸の三大時計シリーズ——大秒針、芸術工房及び自動人形が登場し。自動人形シリーズに所属する熱帯情緒報には、ブランドの最新作となる。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 6
留言列表