久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

カルティエは宝を携えて「博抜群芸―中西方の宝の芸術展」に参加した

遼寧省博物館が主催する「博抽出芸―中西方秘宝芸術展」が9月13日に開幕した。示すためには1850~1949年のこの歴史の時期に西洋の宝の違う姿、検討して百年間の技術と美学の変遷の軌跡、遼寧省博物館特別招待カルティエアーカイブとして西方珍品と一緒に展示館所蔵。渡来しカルティエアーカイブ珍品近日中に、遼寧省瀋陽開梱博物館正式デビューし、税関検査して現場通関、展示品に協力。

各界でメディアの立会いの下、注目の骨董作品が尊。そのうち、カルティエ集「插屏式置き時計」の運用は中国からの材質とイメージ、その精妙绝伦の玉质文字盤に刻まれ、エレガントな山水浮き彫り表背中は条神竜意気軒昂に底から飛び出る。同じ玉作品で、もう一つカルティエ集「帯」は、中国の伝統文化の銅銭を楽しみながら、彫刻、後の翡翠整列が優雅で、繊細な含蓄のやさしい儒家の美。また一枚カルティエ集「天国鳥ブローチ」は、近千枚の完璧なダイヤモンドの装飾で、その姿に高貴ほど中華文化に瑞祥の凤鸟朝歌。カルティエコレクションにはベルギーエリザベス皇後(『Elisabeth)カスタムの「スクロール式の冠」も披露正体、レイスタイルの優雅な弧葉と花造型満足した女性の美に対しての純粋を求める。カルティエ集「中国スタイルのデスクトップシガレットケース」面白みは満ちあふれて、箱の面で螺鈿、軟玉など東方伝統的な素材を描いた中国古典の名著の中の感動的なシーン。

遠道を除いたカルティエの秘蔵の珍品のほか、遼寧省博物館の貴重なコレクションが登場した。そのうち、工芸こだわりの「粉彩百花觚」運用粉彩技術を描く光景花団錦蔟。四季の花卉集は器、繁で秩序、多彩に加え、特にまた間違って彩金泥で描いていっそうその華麗な表現と、幸福な生活へのあこがれと渇望万事順調になりますようにの良い願い。もう一つの「黒塗り螺鈿西廂記カプセル」はかなり特別、それ髹全身黒塗り、螺鈿と金片象眼紋。箱の面にはめ込まれて飾西廂記人物物語、カバー壁や箱の腹部を錦紋に飾って、箱の内装を折る花卉。最後に、1件の造型は奇抜で「画エナメル缠枝牡丹紋双さえ箱”の再現は繁栄期の中国雍正銅台画エナメル器の技術の成果。箱内を松の緑彩料、ボックスのほか于明黄色の地に絵の粉、靑、緑の8つの牡丹の花が満開、筆法がきめ細かくて、その富麗、豪華とはこんもりと茂ってされ、繁栄、幸せで平和の象徴。箱の底の白いエナメル、中心は赤彩の楷書「雍正年制」の四文字。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 0
留言列表