久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

ロンジンがすばらしくてもう1度シリーズの1918腕時計を刻みます

1918年、つまりも戦ってとちょうど終わって、ロンジンが1出しのでことがあるのがその時からするとハーフバックの、非常に実用的な腕時計で、この腕時計は懐中時計のから改装して来て、殻設計を表す上からとても明らかなのは懐中時計の影を見ました。今年、ロンジンはその時のこの腕時計を設計の霊感にして、改めて設計を通って、紳士とレディース共に2モデルのあめ色の復古の腕時計を出しました。


 

青い精密な鋼はあめ色のワニスのポインターと時、分けるのを指示して、復古する白色の漆と時計の文字盤を描いて鮮明なコントラストを形成します。6時の位置の小さい秒針に位置して、1筋のロンジンを献呈してシンボル的な青いのを表します。時計の文字盤は装飾に大きいサイズのあめ色の数字の時にで表示させられて、全体の風格を表しと持ちつ持たれつで更によくなって、最も20世紀初めのクラシック設計の風格を現します。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 3
留言列表