久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

シャリーフ 2017年秋冬アイテムを紹介 - 代官山・大阪では先行受注会開催

シャリーフのひとつの象徴として、定番化しつつあるのはローマ数字とリンゴのモチーフだ。12の数字は、時計を意味しており、前シーズンより引き続き2017-18年秋冬コレクションでも至るところに取り入れられている。とはいえ、デザイナーの下村曰く基本的に毎シーズンの定番となるアイテムは製作していないという。だからこそ、シーズンごとに新しいものと出会えることは、魅力のひとつといえるだろう。


一足先に2017年秋冬コレクション、注目アイテムを紹介


 

シャリーフ 2017-18年秋冬コレクションより

左) モッズコート 92,500円+税、ロングシャギープルオーバー 37,000円+税

レースアップ ニーハイブーツ 92,500円+税、マウンテングローブ 37,000円+税

右) カシミヤメルトン ロングコート92,500円+税、インターシャ JQ ハイネックP/O 37,000円+税

レーヨン ギャバジン ワイドパンツ 33,000円+税、ナローロングベルト 20,000円+税

バルモラル ラバーソール 55,500円+税


今シーズンは黒を基調にしながらも、鮮やかなイエローやピンク、パープル、エメラルドグリーンを差し込んだカラーパレットで展開する。シルエットは全体にオーバーサイズで、ゆったりとしたもの。肩がドロップするシャツやニット、ラグランのアウターなどが豊富に揃う。その中でもモッズコート、バルモラル ラバーソール、モール ストライプ P/O、ファー ビッグ ライダースジャケットをご紹介。


モッズコート


 

モッズコート 92,500円+税


今シーズンのキーアイテムとして挙げられるアウター。デザイナーの下村も「今季はアウターを中心としたスタイリングを楽しんでほしい」と話している。秋冬に欠かせない相棒となる1着にはまず、大胆なディテールを盛り込んだモッズコートをおすすめしたい。


袖部分は半袖と、1本のラインが引かれた長袖をレイヤードしたデザイン。身頃の裾にはDリングを配したベルトが装着されている。また、シルエットの強弱を効かせるためのウエストベルトは長めに設定。アイレットを並べることでさらにパンキッシュな印象に仕上げた。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 7
留言列表