久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

腕時計の上の黄金の成分を解読します

歴史の上で、多いのは金家を精錬してすべていくつかの手段を通じて(通って)合成を製造して更に安値のゴールドを出して利潤を得に来を試みてことがあって、そのため黄金を蓄積して異なる元素の後の異なる材質と色合いの効果の経験を添加しました。

 

標準的な18K黄金とと違い、色合いの上で少し赤色の18K金粉(pinkgold)を呈して赤い金(redgold)、バラの金(rosegold)などの異なる呼び方を持っていて、またそれが19世紀初めにロシアでに広く行き渡ってことがあるため露ラスキン(Russiangold)の名称がありました。その成分は大体750‰の純金その上250‰の電気分解の精銅で、火造りできるで強くて、かたい硬度の高を備えて、スカッフィングと色を変形しにくくてあるいはよく変わります特徴。後者は特に合金成分の変化がもしも銀に参加するおかげで、色は浅くなって、もっと多い銀に参加して、赤色が越えるのが浅いです。銀の含有量が10%まで増加する時に、銅の含有量は15%ぐらい時、色比較的偏っていて薄くてあるいは偏っている粉まで(に)退きます。今のところ、人々はすでに異なる通し番号を使って定義のその水質指標の色度の変化の3N金粉(成分が75%純金に13%銀のために12%銅を加える)、4N金粉(成分が75%純金に9%銀のために16%銅を加える)、5N金粉(成分が75%黄金に4.5%銀のために20.5%銅を加える)に来に慣れました。見ることができて、加入する銀が銅がもっと少ないのはもっと多くて、その色合いもだんだん偏っていて深く偏っていて赤いです。

 

それ以外に、最も人々を引き起こすのが誤解する18Kプラチナです。色合いの上で普通にステンレス、プラチナなどと区分しにくかったですけれども、しかしそれ依然として18k金の、その構成要素がただわずかのだけを持っているのが異なります。その中の純金の占めた割合も依然として750‰で、その他にとなると250‰の金属、それはよく各家の秘密があったのです。バセロン・コンスタンチンは2007年に所属のメンズの腕時計のプラチナの処方を変更しました。比較的よくあるプラチナの成分は純金の75%がパラジウムの12.5%を加えて銅の6%を加えて銀の4%を加えてニッケルの2.5%を加えるので、それから金属のロジウムに電気めっきをして保護して、しかしバセロン・コンスタンチンはパラジウムの割合を15%にあげて、この代価の高価な動作はプラチナにニュースロジウムメッキを必要としないでいっそうきらめくことができて、工場側はまた(まだ)その強さを増加するのをこのような処方を指摘して、更に摩耗しにくいです。実は、18Kプラチナとと同じに、18K金粉も色褪せる現象を発生しやすくて、そこでパテック・フィリップとロレックスはここ数年来すべて自分の18K金粉の処方が特殊なことを宣伝して、いわゆる“永久不変だ”の色褪せない新素材で、事実上専門家だけその色合いの一般のものとは異なる場所を見分けることができます。

それ以外に、現代の合金の鋳造技術に助けを借りて、人々は材質の色の上でまた(まだ)全く異なる以前の18K金にあって来を製造することができます。もし前者は宇の多い材質の研究開発部の新作は世界で第1モデルかききずの材質の魔力の金を防ぐ。このすべてはひとつのが珍しくみごとなことを思い慕って“スカッフィングの18K金ことはでき(ありえ)ないに”を考えるのに始ります。ローザンヌで連邦理工学院の協力してはおりて、6ヶ月のフィージビリティースタディーを経て、最後に黄金と陶磁器が結び付けたの新しく摩耗する18K金を防ぎを誕生しました。これはかつて見たことがない新素材がその表面で本当にようやく意味の上のかききずを残すことができるダイヤモンドがしかないので、かつひそかに亜色合いでその他の黄金で区別します。そして魔力の金の誕生する意味は材質に限られるだけではなくて、多くて新しい材質の発表される表門を開いたのです。現在のところ、魔力のプラチナの金、魔力の銀、魔力のアルミニウムなどの材質の積極的な研究過程で。

 

後者はランゲの紀念のその創始者費のなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲのために出す165YearsHomageto F.のようですA.Lange周年紀念のシリーズの3モデルの複雑な機能の腕時計、違いのために伝統で制限して表して、ランゲの表を作成する師は金属の成分を変える方法を思い付いて、ここからハチのあめ色の金(HoneyGold)の材質はこのような材質依然として18K金に誕生して、しかしかたくこの上なくその硬度はビッカースの300度を上回って、その他の金の質の合金の2倍の硬度をあげて、甚だしきに至ってはプラチナの金をも上回りました。その光沢度はとても独特でで、色は普通な18Kよりずっとどうしても薄くて、とても歴史の古い骨董の表す趣があります。工場側の漏れによると、なぜこのような効果があることができるのか、マンガンとケイ素に参加したそしてため高温処理を経ます。言葉が簡単すぎて、更に何分(か)の神秘感を増加して、それはいくつかの近代的なのが密封する地下の密室の中で金士達を精錬するからようで、フラスコ、電気ストーブのたぐいの出した近代的な神秘物をいじるを通じて(通って)。


の情況今なお依然として処方の秘密の18K藍金を厳守しているパテック・フィリップがもあります。それでは楕円形の3738はそのすばらしい金の袖ボタンは、は深遠で推し測れない紺碧の単色光の光は、やはり(それとも)多い人の眼光に、家のほめたたえるのに隠れるパテック・フィリップの完璧な仕事の1つの理由になるように引きつけたのなのにも関わらず。実は、本当にの専門家が見つかるのでさえすれ(あれ)ば、人々はコーヒー色、グレーを合成して甚だしきに至っては黒色などの多種の異なる色の18K金が来ることができて、ただ習慣性の考えは人に金が必ず黄色でなければならないと感じさせて、白くて赤く珍しくなって、青くいっそう際立っているのに見えます。

黄金はうそがなくて、色がそれぞれ異なっていて、錬金術は現代腕時計に更に多彩にならせます。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 2
留言列表