久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

Piaget Protocole XXL腕時計が結び付けた内にエナメルと超縮小化のエナメルの技巧を埋めます

超縮小化のエナメル(MINIATURE ENAMELLING)


超縮小化のエナメル、あるいは称するのがエナメル(painted enamelling)を描く最もエナメルの技師の芸術の天分と根気の技法を試すので、それはエナメルで必ず全体金属の胎体(例えば懐中時計のふた、底のふた或いは顔立ち)を覆わなければならなくて、ベーキングになった後にを通じて(通って)、金属胎体の上のエナメル層はエナメルの制作する“画布”を描きになって、エナメルの大家がまた手で図案を制作してすでにひっくり返っているエナメルの胎体の上にあります。


超縮小化のエナメルの技法の使ったエナメルの上薬は比較的まばらで、使ったのは剤を希釈して油(脂)の基に属して、水ではありません。超縮小化のエナメルは細筆分層で何度も制作して、良い一層を描いて一回ベーキングだと、もっと何度もベーキングで、図案の色はもっと深くて、エナメルの大家は前もって必ずベーキングの回数を予想しなければならなくて、および毎回各種の色に対して発生する影響をベーキングで、原本設計によってようやく色が現れることができます。


伯爵のそのまま用いた伝統ジュネーブのエナメルの技法の中で、エナメルが完成を制作する後で、必ず一層の透明なエナメル・ペイントを足して、fondantと称して、この1の工程はエナメルの見る段階に更に豊富にならせるの、その上更に光沢があります。


超縮小化のエナメルは一つの単純な技術の技法ではなくて、一つの作品の芸術です;成果はよく非普通の絵に比べて行うのです。超縮小化のエナメル技術の創作する作品で、正に制作者技巧の最優秀証拠物です。超縮小化のエナメルは一つが細部に対して根気、この上なく集中する厳格な芸術が必要なので、自然と心酔するトップクラスの表を作成する技巧の愛好者に対してこの上ない吸引力を持っています。ずっときんでているの、を求めて決していかなる細部の伯爵の芸術の職人とエナメルの大家達すべてすでに協力で数十寒暖を見逃しなくて、エナメルが技巧を作る上に絶えず改善します。これらの来たのは互いに磨き合い研究し合って、大家達に双方の経験と業績を共有させて、更に集中してすべて会議・展示の今の伯爵の最新の作品の上で更に斬新なの、かつて見たことがないエナメルの技法、これらの努力の成果、を追跡します。


運用して西方の絵画の中でgrisailleのグレーあるいは単色といって技法の制作した単色の超縮小化のエナメルを飾りに絵を画きます。エナメルの大家はこの作品の上でただ2つの色の上薬だけを使います:黒色の上薬は基礎を作って、利とモンジュの磁器の白色の上薬(Limoges white)は竜からだを制作して、また大きい見える火の労働者法(grand feu)でベーキングだ。利とモンジュの磁器の白色の上薬の自身はあやうく透明で、色を表して、1は幾重にも必ず上薬を塗らなければなりません;エナメルの上でグレーの部分に見たところ似て、ブラシの薄い上薬を通してなって、上薬は、グレーもっと深い沈にこすられるのがもっと薄くなります。竜からだはこの幾重にも重なり合う重ねの加える上薬から制作して、エナメルの大家の現れたい効果に従ってこすって上薬の厚さを塗りを決定します。肉眼はこのような重ねの釉の効果に会えて、竜からだが陽の紋様ため、背景の上に際立って、そのため絶賛させる浮き彫りの効果を現します。(訳して:中国の江西の景徳の磁器によって同じ技法があって、“影の青磁“あるいは“潔白の磁器”と語って、方法はたいへん似ています)


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 1
留言列表