久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

本当の力の時にいっしょにBWDは個人の注文して作らせる特色の腕時計を出します

高級な時計業界で、「改装する」1件に言及して、たくさん友達達を表してでもGeorge Bamfordの創立したBamford WatchDepartment(略称BWD)まで(に)連想するべきで、ロレックス、から相手がブルガリまで(に)表しが好きで、今のところJean―ClaudeBiverの先生のが力を合わせるに下を運営して、BWDがZENITH本当の力の時の政府になってメーカーを改装するのを指定します。
 
事実上、本当の力の時にこのブランドのため、近ごろJean―ClaudeBiverを感じてそのに対して力の及ぶ限り努力することができて、とっくに3月のバーゼルの時計展だけではない上で、本当の力の時この1のブランドの中を予告して、全く新しい概念を搭載して並べてシステムの革命的性質のチップに順番に当たる出して、今のところまた業界の最も優秀な高級の注文して作らせる腕時計メーカーを探してきて、本当の力の時の表す友達達のために供えの用具の個人の特色のただ1つの時計のモデルを持ちに来ます。「本当の力の時の腕時計は実はとてもすばらしくてで、残念ながら今注目をあまり受けません。私はBWDはとても大きい助けを持ってきたくて、私達をまた世間の人にそのに現れ出る機会があるのがすばらしくさせます。私の高まっている興味はまた帰って来て、私もみんなが私とと一緒に来を望みます。」Jean―ClaudeBiverは取材の中で興奮して言います。
 

BWDのは技術を改装して、腕時計の外観のに対応して場所にわかりと言えて、ほとんど大小が浪費して失って全面的に改造することができるのです。殻を表して、から小屋、時計の文字盤とポインターを表して、また(まだ)夜光の塗料の応用を含んで、すべて取引先の需要によって改装しに来ることができます。George Bamfordは創立するのは2003年BWDで、初期の風格を改装して多く高いコントラストのコントラストを使うために線のAllBlackをスケッチして性を加減しに来て、今回の第1の波は本当の力の時に出したのが様式を改装するため、依然として深い黒いグレーを基調にするようで、しかし保留して押しとの金属の原色、比較的よく見通しがつくデザインを殻を表すもあります。
 

でも、人に少しの気がかりと感じさせて、依然として後続メンテナンスのエネルギーと権力と責任が区分するのです。ロレックスを例にして、現在のところはBWDの改装する時計のモデルを通って、すべてでもロレックスサービスセンターに婉曲に断られて物を受け取って、もと工場の修理・整備を受けることができません。本当の力の時にとBWDが政府を創立して関係に権限を授けた後に、後で時計の定期を改装して保養して、あるいは改装したのになった後にもしトラブルシューティングの需要があるならの時、取引先はどうして協力する対口部門を求めますか?どうして問題の究責任部門をもたらしますか?......後続恐らく直面する様々な状況を要するののを、双方のから注意深く必ず計画、共に画策する調和する未来の課題を考えるでなければなりません。
 

Defysシリーズの高い難度が空リストのを彫刻する以外、本当の力の時はTipos、Pilots、HeritageとElPrimerosシリーズ名は表して、全てBWDが個性化の改装する時計のモデルを行う能力があるのです。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 2
留言列表