久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

ロレックスCEOが主が変わる、前本当の力時にCEO Jean-Frederic Dufour前任

Jean―Frederic Dufourについて私がみんなを考えてできないべきでとてもよく知らないで、2009年から6月1日に本当の力に入る時の後で、ブランドに“精密で正確で、清浄だ”の前衛精神を確立したように連れて、同時に彼もこの精神の代表の人物になりました。Jean―Frederic Dufour最初の職業の生活の中で、まず入ったのは香港での一つのスイス銀行で、半年が行ったのを待って、その後時計の業界に入って、先に時計を売ってから、また製品部分に転戦して、それから循環して、そして次第にアップグレードして、1人の傑出している製品のマネージャーになります。


ロレックスは現在のところまで(に)全部で6がただCEO(Jean―Frederic Dufourを含めて)を担当するだけを任命して、ブランドは今日まで110年まで創立しないで、比較的その他のブランド、そのそれぞれがCEOの任命を担当するのはすべてとても慎重です。今回のJean―Frederic DufourはGian Riccardo Mariniブランドになる第6に取って代わってCEO事前に少しも徴候がないをの担当して、しかしそしてこれはブランドの高層の単一の変動だけではなくて、ブランドはまた(まだ)1つの海外部門、協力する全世界の経営策略の変動が新たに増加しました。


でも現在までのところ、ブランドは具体的にどうしてこのように大きい変動ができて、および新任のCEOはロレックスの既存策略についてどんな変化がまだ知っていないかをします。値打ちがありと、Jean―Frederic DufourはBIVERの良い友達兼ねて弟子で、BIVERも強力にDUFOURが本当の力を推進するのに協力する時ブランドの発展、豊富な製品の経験とマーケティングの能力のDUFOURを兼備してロレックスに1つの更にみごとな未来があらせを信じます。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 2
留言列表