久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

ジャックの時鳥は鳥の鳥の3聞きして、すずめ鳥は鳥の鳥が逆巻くして鳴いて鳴いて

過去を振り返って、鳥がさえずり鐘のデザインについじゅうななじゅうしち世紀からヨーロッパ貴族に盛んな訓練鳥歌の保養活動。最初のやり方によってはオルゴールアナログ鳥の鸣き声準真度抜きして、光は鳥真実イベントの様子同装置が実現できない。このような状況が続けられてじゅうはち世紀半ば、当時、ピエール・ジャック徳羅を対象に「スライドピストン」の装置は、同装置だけでなく、鳥の本気度を大幅に向上させ、鳥が逆巻くの動作を実現しても真実も。この後、機械的方式で、すずめ鳥の想定が可能になると考えている。1時間、鳥の鍾はピエルのルーマニアの牽引の下で、時代の主流になりました。

その後の歳月の中で、ピエール・ジャック徳羅「スライドピストン」装置を基礎にして、創作したシリーズ、音楽時報カナリア、鸣鸟楣で鐘、鳥かご掛時計、銅メッキ転花た枝雀籠鐘などの作品人口に膾炙す。これらの作品は複雑時計精巧な機械の組み合わせは独創性の工芸、時計の発展史に殘した特別な筆。しかし、人を惜しむため、多方面の原因で、この種類の作品が今はほぼ「を」、ほんのわずかな数件もの各大きい博物館に収蔵され、普通の人が見たいとその芳容と易に至っては、手するよりは「難しい」。

現代の序章を開く

幸いにも、伝統的な芸に力を入れてきたヤク徳ルーマニアは、鳥の鳴き声のテーマは忘れていない。を克服し、マイクローン化などの一連の問題について後、ブランドは、2012年に正式に開いた鳥かご時計の回復を試みる章では、腕時計の形式を再現して昔の経典の鳥かご鐘。

ジャック徳羅時報の鳥が三問時計の主役は汝拉から山穀地区の鳥で、それは真に迫っていて鳥の巢の上に立って、巢は雛。その複雑機能は「三問」と「自動人形」を組み合わせ、装着者が起動3問時報ボタンを押すだけでなく、聞こえる時分時報、しかも盤面下のシーンもつれてゆっくりと動く時報音、おっぱいかすかに頭を下げて、ひなを飼う;もう1羽は翼を風姿;中央のヒナ鳥の巢の殻を破って、新入生を迎える。

時報鳥3問現れた奇妙なシーンで、腕時計、すぐになったジャック徳羅のシンボル的な作品の一つ。後の時間、ヤクのルーマニアは基礎を基礎として、時間鳥鳥の3聞きの腕時計。これらの作品は、機能面で続いた自動人形と3問の組み合わせを採用して、依然としてエナメル、イヌワシなどの伝統工芸の組み合わせ。しかし装飾テーマはそれぞれ異なって、汝拉から穀自然の風景からアルプス山の壮麗な広々として、人に見せ時報鳥の無限の可能性も、味わったジャック徳羅伝承で歴史のあまりの革新。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 0
留言列表