久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

「SAXONIA」「ザクセン:ドイツ完璧な工芸の故郷――逄姜写真展」撮影作品集

写真集は逄収録した写真家の姜、2015年ろく月ザクセン州で撮影した約千作品を歩いて、彼はザクセン州の町を走らせて砂、建築、シャトルエゥーゴ翠林、彼のシーンを聖ニコライ教会、いばら温格宮、古代芸術の大家の画廊、列車の中央駅、靑い奇跡大橋、れんがの橋や麦ばたけ、ぶどう園、ヤグルマギクと易北川の白い花。一ヶ月のスケジュールをドレスデンからライプツィヒまで、ケムニッツゲーラ苏蒂まで、逄姜の足跡を殘している全体ザクセン。無数の幾何学線と白黒の明暗の構を平然と、真実のドイツザクセン。

有名な旅オーストリア華人女性作家常晖は今回の写真集『SAXONIA』執筆された数十編の深さ解析。ヨーロッパ久居の彼女は、彼女はザクセン州前世の理解、わかりやすいから歴史、自然、人物、工商、建築などの五方面、書いて『今昔<王侯出陣図>』、『崖の上の福音』、『シューマンとクララ』、『家族の物語』、ラング「エルベ川サイドのフィレンツェ」などの素晴らしい作品を鑑賞する。一つ一つの文章をまるで甘露、味わいを深め、開けた内容を整えながら、写真集を読者にザクセン三次元の認知。

写真家逄姜、ヴァルター・ラングさん、ラングブランド世界全体Wilhelm Schmidさんもそれぞれ写真集『SAXONIA』を書いた逄に前言、姜ザクセンの完璧な意匠への敬意、ヴァルター・ラングさんが述べたザクセンの精神と個性、Wilhelm Schmidさんはザクセンの信仰られブランドの経営の理念。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 0
留言列表