久野純平FashionHouse 生活は1種の態度で、1種の品位がある

共に祝う映画の盛大な事の格拉蘇蒂のオリジナルとベルリン国際映画祭の協力5周年

格拉蘇蒂オリジナルだいっしょにベルリン国際映画祭の共に祝う第65期の映画の盛大な事、双方が協力で進んで第5年入りをも表します。2011年は格拉蘇蒂がオリジナルで初めてドイツのこの文化の盛大な事を賛助してから、双方の協同関係は絶えず深くなります。2012年に始まって、格拉蘇蒂はオリジナルは毎年すべていっしょにベルリン映画祭の“ドイツの映画を透視する”のユニット(Perspektive Deutsches Kino)は“ドイツ製を公布します――視角賞”(Made in Germany–Perspektive Fellowship)。2014年から、このドイツの表を作成する商はまた(まだ)ベルリン国際映画祭の“クラシックの回顧”(Retrospective)のユニットと“紀念”(Homage)のユニットを賛助するのを始めて、これらのユニットは毎年でも映画の史の中から1人の有名な監督の異なるテーマの作品を選んで展映を行います。


2015年1月19日、格拉蘇蒂のオリジナルな第4回は手を携え“ドイツの映画を透視する”のユニット(PerspektiveDeutschesKino)は“ドイツ製の視角賞”を公布します。オスカー・ソロスの基(OskarSulowski)の監督する映画《花のつぼみ》(Rosebuds)はこの賞を光栄にも獲得します。彼はを得るを除いて15000ユーロの手厚い賞金の外、また(まだ)格拉蘇蒂原創制表工場の見習いの作る賞杯を獲得するでしょう。それ以外に、未来に新しい作品の作品過程で、オスカー・ソロスの基はまた(まだ)映画からの大家の更に熟している指導を獲得するでしょう。


今年の“ドイツ製が映画を探求する”のシリーズ対話のイベント、継続を格拉蘇蒂からオリジナルに手を携えます“ドイツの映画を透視する”のユニットの催し。これらの対話するイベントの中で、映画の従事する人達は彼らのを紹介しておよそ行うを、その映画の作品の背景を詳しく解釈して、映画の製作と仕事の方法を分かち合って、そして映画祭の観衆と記者達の質問に答えます。


去年のベルリン映画祭の上で、格拉蘇蒂のオリジナルは手を携える“クラシックの回顧”(Retrospective)と“紀念”(Homage)のユニットを通じて(通って)自分の協力でを履行して承諾します。今年の“クラシックの回顧”は“特に芸の七色”(ColorbyTechnicolor)をテーマにするを。20世紀の上に半分号、特に芸の七色のこの撮影技術は誇張のスーパーインポーズの色を合わせる方案に頼って全盛時期に入って、そしていくつかの偉大な映画の作品のために力に貢献して、今なお依然としてたくさんのリシャールミルスーパーコピー観衆を夢中になってやまなくさせます。


ベルリン映画祭の“紀念”(Homage)のユニットの催すイベントは更に有名な監督、役者とその他の世界で有名な映画の専門の人に対して敬意を表現します。“栄誉の金熊賞”のが公布してきっとベルリン映画祭に高潮に入らせました。今年の映画祭の上で、ドイツは維と姆・文徳のこの(WimWenders)を監督して2月12日にこの特別の光栄を獲得しました。2014年から、格拉蘇蒂はオリジナルなのも“紀念”(Homage)のユニットを賛助するのを始めます。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 人気のポイント 评论: 0 浏览: 1
留言列表